Love my family n friends


by kummy1978
カレンダー

<   2006年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Australia--I love you

Australia a Different Light---このCMのショートバージョンがTVで流れるたびにもう一昔も前になるというのにオーストラリアを想い出して涙が出てきた。Delta Goodremの歌声がまた泣かせる。
私にとってオーストラリアは特別な国で、
この歳になってもここまで想っているのだから誰にも止められない。
どうしてここまで好きなのか。
たった一年の交換留学なんて多くの人が経験しているけれども、その国への想いがあとあとまでずっと強く残っている人にはあまり会っていない。
私の周りではMちゃんくらい。
会社で嫌な事があるといつもお互い「オーストラリア目指して頑張ろうね」というのが合言葉。

実際問題、どうしてもオーストラリアに住みたいかと言われれば
今は東京でもっとキャリアを積んでこの生活を楽しみたいと思う。
けれども例えば明日の朝、「来月からシドニーへ転勤」と言われれば喜ぶ。
これが他の国だったら素直には喜べない。
その代償として失う友達の居る東京での生活に未練を覚えると思う。
そのくらいオーストラリア、最近ではシドニーは東京と同じだけ大好きだ。

そんな事をあらゆるオーストラリア関係の事を調べていたら考え出して
あまりに考えすぎて頭が痛くなってきた。
それとも運動のしすぎかな?
今年はオーストラリアに行く予定はなかったけれどもやっぱり行くべきなのかな。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-30 20:35

暇人?

一日に二度目のブログだなんて私ったら暇人みたい?

午前中にやりたかった事全てを終え、
あまりに天気が良くて気持ちよいから自転車でまだまだ散策してきました。
渋谷・表参道・青山・恵比寿・広尾周辺。
このあたりは細い道にステキなお店があったり
意外にもお寺が多かったりして、
この季節の散策にはもってこいです。

今度はスニーカーを履いてペットボトル持って朝から行ってみようかな。
夏には米国に帰ってしまうけれども
近くに住んでいる知り合いが居るから誘ってみよう。
きっとお寺めぐりだとか、私とは違う視点からの意見が聞けると思う。
外国人の友人と遊ぶことの楽しさはそこにある。
全てが当たり前のようになっていた東京の街が、とてもエキサイティングな場所に変わるし
何よりも新たな発見がいっぱいあるから。
自分自身も新しい街に来たような感覚になれる。

空腹でフラフラになりながら家に一度帰宅してランチ。
旅行前に冷蔵庫整理をしているので、創作料理ばかりのこのごろ。
今日はアボガドディップを作ったのだけれども、ここぞとばかりにいろいろな実験。
お味噌を混ぜてみたり、レモン汁をたっぷり混ぜてみたり。
何種類も作ってみて、1つはパンに乗せてチーズを上に乗せてトースト。
残りはセロリ・きゅうり・キャロットをスティックにしてつけて食べてみた。
うん、美味しい!
たっぷりの水とパンとたっぷりの野菜。

これからまた人ごみの多い街へ繰り出してきます。
今度は踊りに行ってきます。
体はクタクタ。
東京の果てに住む友達から電話があってお喋りしていた。
神奈川の海のほうにでかけているんだって。良い天気だから気持ちいいって。
いいなあ、今度は海に行きたい。

そういえば
・海辺でやるヨガ
・富士山を見ながらのヨガ
の企画を発見。
海は平日みたいで無理そうだけれども、こういうのいいなって思う。
それから、まだ本決定ではないそうだけれども
駒沢公園をプロに正しい走り方を習いながら走る、という企画が進行中だとか。
是非参加したい。

昨日、今日と久しぶりに運動をしたら、さすがに体がクタクタ。
この感覚、気持ちよくて好き。
まだ幼かった頃、学校が終わってから外を走り回った日の夜みたいに
今日はぐっすり眠れそう。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-30 14:24

晴天

天気が良くなると聞いていたから8時前に起床。
水を飲んで体を伸ばすととっても気持ちが良い。

すぐに洗濯機をまわし、
その間に朝食の支度をし、ヨガの支度をし、一日の計画をたてる。
連休前の最後の休み。
GWには旅行に出てしまうので、今日が片付け最後のチャンス!
ということで、先週洗ったばかりだけれども
天気が良いからベットリネンも洗濯をし、全部バルコニーへ干した。

ヨガに行くまで時間がまだ余っている。
ゆっくり野菜ジュースを飲みながら、ネットを開く。

余裕のある朝時間を持つこと。
たったそれだけで、一日が素晴らしいものになる。

今日も一日頑張ろう!
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-30 09:15

ハニカミ

最後の少ししか見れなかったんだけれども
エディソン・チャンと鈴木杏のハニカミ、なんだかとっても可愛くって私までドキドキしちゃった。

ってかさ、たとえ友達以上と思えなかった相手でも
一日手を繋いでデートしたら好きになっちゃうよね。
実生活ではまず起こりえない事だけれども、一度くらいハニカミやってみたいわ!
なんて番組見るたびに思います。

私がたまに誘われるデートは、なぜか日本語を母国語としない人との事が多いのだけれども
言葉が100%じゃないからこそ、言葉の大切さをとても感じる。
相手が日本語を話せる場合でも、
より分かりやすく伝わりやすく話そうとすると
シンプルな言葉を選んで気持ちを言葉のニュアンスでごまかさなくなる。
英語で会話をしている場合は、語彙の少なさもあるけれども
それ以上に、相手に誤解を与えないようにシンプルに簡単に伝えようとする。

時々、言葉がお互い母国語が違うというのに
よくすれ違いとか伝わらないこととか
それ以前の問題として、文化の壁にぶつからないね、と聞かれることがあるけれども
私にとってそんな事が問題になった事は今まで一度もない。
むしろ、お互い母国語が同じ日本人同士で付き合っていたのに
結局私の伝えたかったことが全然伝わっていないこともあった。

もちろんある一定のレベルが必要なのは当然な事だけれども
コミュニケーションに不自由のないレベルの場合は
文化だとか言葉の壁というものは関係なくて、
「個」の問題になるのだと私は思う。

お互いを理解しようという気持ちがなければ
受け入れる努力がなければ
日本人同士だって理解しえない事や誤解は生じるし
お互いをリスペクトして受け入れる気持ちがあれば
母国語が違う人どうし、
時にはお互いの第二・三外国語の英語でコミュニケーションをとっても
誤解が生じない事だってあるんだって私は知っている。
だから、言葉なんて理由にならない。

ハニカミを見ていたら、なんだか自分のデートと重ねてしまって
そうしたらそんな事を考えてしまった。

今日はもう寝よう。土日、フル回転できるように。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-28 23:29

電話

転職して数ヶ月、私の直通番号に電話がかかってくる事が少しずつ増えています。
当然ながら日本語のほうが英語よりも100倍は楽に話せるので
私は日本語で電話に出るのだけれども
かかってくる相手が外国人という事も仕事柄増えてきました。
直通だし、所詮今はまだ社内の人からの問い合わせしかないので
会社名を言わずに名前で出ることも多々あるのですが(結構そういう人も多いし)
ここ数回、国外からの電話が立て続けにあったり
国内でも日本語を話さない人からの電話が何度も続き、
さすがの私も英語で出るべきなのか・・・とフト思ったわけです。

それにしても、世界が小さくなりました。
普通に何も考えずに海外と電話をするのが当然になり
「はいはいっ」と出た電話が国外からだったり
地図を見ると不思議に感じるけれども
なんだか最近の私の感覚は神奈川県がロンドンって気分です。
シンガポールとか香港に関しては、山手線で二駅だっけ?って感じ。

海外ネタのついでに。
私と同じポジションの人が各国にいるのだけれども
どうして同じ仕事をしているというのに
東京オフィスが一番長時間働いているのか不思議でなりません。
一番働かないと評判なのが、私の愛するオーストラリア。
シドニーオフィスは17時にはみんな帰ってるんじゃないかと言われるほど。
それでも私はシドニーの事は悪く言いません。
むしろ「しょうがないよ~、だってAussieでしょ?」なんてわけの分からない肩の持ちよう。
でも本当にそうでしょ。国民性です。
この業界や他にもそうだけれども、日本でハードに働いているオージーはみなクチをそろえて
「オーストラリアでは働けない」なんて言っています。
イライラしちゃうんだそう。
つまり、そうならない人達がシドニーオフィスで働いているわけなんだから
だからもうしょうがないと思うしかないでしょう??

そんなこんなで、いろいろあるけれども
なんだかんだで楽しく仕事しています。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-27 23:30
大好きな友達Mちゃんの仕事納めの日。
一週間ちょっと会ってなかったのだけれども
前日に、ぜひこの日に会いたいなと連絡があって夜会った。

相変わらず大戸屋で豚と野菜を黒酢で炒めたものを食べながら
「明日から旅行行っちゃうから、今日会っておきたくて」
と何気なくMちゃんが言った言葉にすごく感動してしまった。
こんな事をサラッと言ってくれる友達は大切だ。そう思う。
そして、暫く会えないから、その前に是非会って最近の事をキャッチアップしておきたい、
と思ってくれる友達が居るって幸せだなって思う。

Mちゃんに出会ったのは去年の暮れ。
クリスマスも過ぎた頃。
それから4ヶ月が過ぎ、彼女は私にとってとっても大切な友人になった。

MちゃんとCが旅行から帰ってきたら私の誕生日。
「一緒にお祝いしよ~ね」 だとか
「C、旅行から帰ってきたら○○ちゃんの誕生日だって。何かしなきゃね」
なんて言ってくれたことがあまりに嬉しくて
そして、たった2週間程度だというのに
暫く会えないし話せないしメールも頻繁に出来ないのか…
と思ったらなんだかすっごく寂しくなった。
緑が深くてキレイな時期になった頃、旅行の話を聞くのがとっても楽しみ。

人生嫌な事も沢山あるかもしれないけれども
私は毎日なんだかんだ言いながらとても充実した日々を送っている気がする。
チームの同僚にも恵まれて、友達にも恵まれて
何かがあれば絶対見方で居てくれる大切な家族が居て
喧嘩をしたってすぐ仲直りできて、いろいろな話が出来る親友のような妹がいて。
うん、やっぱり幸せ。

一人暮らしを初めて4ヶ月。
もう一人で居ることになれたし、この空間がとても大切なものになった。
それと同時に、周りに居る人達の大切さを身にしみて感じるようになった。
さりげない一言が、こんなにホンワカした気持ちにさせるのなら
照れてしまうような事でも素直に伝えられるような人になりたい。
ありがとう、という気持ちを大切に。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-25 22:20

微妙な三角関係

↑という言葉は、韓国語でも同じ発音で同じ意味だと聞いた。本当に?
私の会社にはいろいろな国籍の人が居るけれども
いくらなんでも韓国人の同僚との会話に「微妙な三角関係」なんて言葉は使わないだろう。
一体役に立つのやら?

毎日ハッピーに過ごしている私だけれども
昨晩は久しぶりに不愉快な思いをして本当に時間を無駄にしたと思う。
下らない事や低レベルだと私が思う事には関わらないようにしよう、と改めて思う。

月曜日だというのに、珍しく仕事が遅くまでかかり
ピラティスの時間は3つあるPCのスクリーンとニラメッコしながら仕事中、
家に帰ってきたのがヨガが始まる15分前。アウト。もう間に合わない。
という事で、しょうがなく家でおとなしく夜を過ごした。
といっても、疲れ果ててボーっと週末何種類も作ってみたおかずを食した。

あまりに疲れたから自分を励ますために、嬉しいことを三つ挙げよう。
一日をハッピーに締めくくるために。

1)
仕事中、帰省していたフランスから帰国した最近知り合った友人からメールが入り
それがとてもホンワカするメールで忙しい一日もその瞬間ちょっと時間がゆっくり流れた。
それにしても、フランス語の成績が悪くて苦労した私に
フランス語交じりのメールを送ってくるのはどうしたものか・・・
イタリア語のミニ辞典は一人暮らし先にも持参したけれども、フランス語の辞書は実家だ。。。
二人で会った事ないので、今週二人でお食事でも、だって。
フランス料理とか行くのかな?私はイタリア料理のほうが好きだよ。
でも最近は大戸屋が一番好きだけど。

2)
東京の郊外に住む2ヶ月ぐらい前にひょんな事で出会った友達の声が
めちゃくちゃセクシーな声だと電話をしていて気がついた。
声だけで人を好きになるとしたら、この人が絶対的にダントツだ。
特に日本語を話す時、
外国人男性にはめずらしく男らしい言葉使いな上に
ちょっと鼻にかかったヤワラカイ声になってきゅんとさせるものがある。
実際の二人の会話は「花粉症の時期が終わってホッとしたよ」だとか
「甜茶を飲み続けていたら今年は楽だったよ」だとかロマンチックなものではないけれども。
暫く会っていないけれども、来月あたりに会おうかという事になった。
公園デートしたいなあって言ったらいいよ、だって。
バトミントンとフリスビーを調達しよう。テニスもしようだってさ。あまりの下手さに幻滅されそう。

3)
これまたもう一人、最近知り合った同業他社の友人が
昨日NYへのビジネストリップに飛んでいったのだけれども
携帯メールにNYからメールが届いて、それがちょうど睡魔と闘って居た時で
ついでだからSex and the Cityの世界を思い出してみて、少しだけ現実逃避をしてみた。
ちなみにこの番組を好きだという男性にはゲイの友人を除いて出会ったことがないけれども
このNYくんもやっぱり好きじゃないらしい。
今週後半に帰国したら、ぜひ二人でデートしようだって。


今日は早く寝よう。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-24 23:16

Earth Day

Earth dayにちなんで、lululemonで「アースデイ・エコ企画!!!」をやっていたので早速行ってみた。

4/22(土)~23(日)アースデイの二日間、lululemon紙袋ご持参の方限り、店内の30%OFF商品を50%OFFに!!!!

という企画だったのだけれども、貧乏性の私はお店の袋は取っておく(近所のコンビニだとか、大きなカバンを持っているときは、そもそも袋を貰わない)習慣があるので、lululemonのジムバックに紙袋を忍ばせて行ってきた。

結果、ヨガ用のトップスはサイズ切れで購入できなかったものの、
・ずっと前から狙っていたヨガ用ボトムス
・ダンスや普段のカジュアル着にも使える濃いパープルのボトム
・街着にも使える濃いパープルのトップス
・荷物が少ない時に使える小さめのジムバック(普段も使えるスポーツバックという感じ)
を購入。
これ、全部普通の値段だととても簡単に買おうとは思えない値段のものだけれども
ボトムも5,000円代になる事を考えるととても助かる企画。
特に今まで、ヨガでまともに使えるボトムは1つしかなくて
手洗いで頑張って使いまわしていたものの、そこまでやらなくても大丈夫になった。
1つのものを毎回使っていると、洗濯などで痛みも激しくなって
結果として長持ちしなくなる事を考えると、これはかなりお得かも。

会社の同僚と、昨日はこのルルレモンの話で盛り上がっていた。
彼女はヨガのクラスがショップの開店時間と重なってしまうため
開店直後には行けないけど、ヨガが終わってから行くと言っていた。
ちょうど、私が持っているサイズのバックが欲しいと言っていたのだけれども、
それもセールに出ていたから購入したのか気になるところ。
(私の持っているものは、まだ定価だった・・・ちょっとホッとした)
彼女とは、先日書いた趣味とかが似ているので
月曜日には戦利品について報告しあうランチになる事でしょう。
本当は、この週末は五反田ではスポーツ用品のセールが行われていて
スニーカーが数千円と本当に安かったりするようだし
是非とも行きたいと思っていたんだけれども、なんだか体調が優れずに家で過ごしている。

明日はダンスが出来るくらい体調が戻るといいのだけれども。
朝のヨガも、この調子だと無理かもしれません・・・
でも、今日はジムに行く準備はしていたものの、体調を見て諦めて
その代わりに、家の近所や表参道、代官山周辺を自転車で散策してみた。
帰りにスーパーで食材を買い込んで、今日は何品か料理をしてみた。
ジムもヨガもダンスも楽しいけれども、
天気が良い週末は、たまにはこんなゆったりな過ごし方もいいかもしれません。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-22 00:30

HEIWA

HEIWAといえばパチンコの会社なわけだけれども
ここのCMが大好きだ。

シマウマとライオンが涙しながら抱き合い、
それを周りでいろいろな動物がやっぱり涙しながら見つめている。
「こんな平和、みたことない」

金曜の夜に、日テレの二時間の映画が終わる頃に見るのだけれども
疲れた金曜日、静かに家で夜を過ごしている時に
こんなCMを見るとなんだかホッとしませんか?

今週末は、日曜日に元常駐先でとってもお世話になったお友達に会うけれども
それ以外は全て自分の為だけに使う週末。
明日は天気がよいそうだから
洗濯をいつもより沢山して(一人暮らしだから大した量ではないけれども)
お昼は大好きなヨガウエアのお店の特別セールに行って、
そのままジムかダンスに行って(たぶんヨガすると思う)
夕方はネイルサロンで手のお手入れ。
全て自分のためだけに使うつもり。
やらなくてはならない最低限の事と、自分がやりたいと思う事。
せっかくの晴れた休日、無駄にしたくない。

なんだかステキな週末になりそうな予感がする。
そんな金曜夜。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-21 23:29

直感

情報も物もあふれている世の中、そんな東京のど真ん中に暮らしているから
だからこそ、直感を大切にしていきたい、なんて思うこのごろ。
周りの影響や、次から次へと溢れてくる情報の中で
一体自分が本当に興味のある事は何なのか。
結局、じっくり考えていくよりも、
直感的に「これは」と思ったものが一番自分にとって大切な事だったり
この人は・・・!と感じた人とはなんだかとっても気が合う大切な友人になったり。
今は、周りを気にせずに、自分が突き詰めたいものと向き合っていたい。
そんな事を思う春の一日。

職場での一番最小単位のチームは4人なんだけれども
私はその中の一人の子(Eちゃん)と仕事を一緒にカバーしている。
Eとは初日に挨拶した時から、もしかしたらすごく気が合うかもしれない、
なんてなんとなく感じたのを覚えている。
そして、3ヶ月経過する今、いろいろな事で共通点が見つかって
やっぱりあの時の直感は当たっていたんだとちょっと感動した。

例えば、私は二年前から毎年この時期になると
「Regina Regis」の長靴が欲しくなるのだけれども
今年の春夏の新作のパターンも可愛いなあなんて考えていたら
同時にEも長靴の話をしだして、実は同じものの事を話していたと分かって驚いたり。
洋服、小物、靴の趣味だとか、物事の考え方が似ているから
だからなんだかとっても楽しい。
実は、彼女の親友二人とも、私と星座・血液型が同じらしく
Eも私とはきっと気が合うんじゃないかと感じていたとのこと。
似ているとはいえうまくいくのは、きっと私は長女、彼女はお兄さんがいる妹
だからなのかな、なんて思う。

とにかく、気が合う友達というのは直感で分かるものだけれども
(①ロンドンに居る私の大好きな友達も、某面接の集合場所に現れたときに
  この人とはなんだか気が合うような気がする、なんて思ったら
  やっぱりとっても大切な友達になった。
(②毎週一度は会っているMちゃんも、初対面の時になんとなく感じたら
  案の定こんなに仲良くなっていた)
とにかくそういう人が同じチームにいるというのはとっても楽しい。
転職を二回も経験した私が
3ヶ月経過する今でも、今の職場に全くもって不満を感じないのは
きっとそういう働く環境がよいからなんだろうなと思う。
そういう所が見つかったことは、とても幸せ。

そういえば、今回の転職の際、幸いにもあらゆる方面へ履歴書を出してもらったら
面白いくらいに書類が通って、トントン拍子で進んでいった私は
今後の進路のあらゆる方向への可能性が予想していたよりも大きかったことに驚きながらも
本当に胃が痛くなるくらい転職先を悩んでいた。
結局、内定が出始めてからは、似たような業界は1つに絞って
最後まで悩んで悩んでやっと決めたのだけれども
結局今いる会社は、初めて本格的な面接を受けた先で
受けに行った時に、面接をする前から「私はきっとここに毎日通うことになる」
なんて感じたのだけれども、結局その通りになっていた。
フロントで決まった先もあったけれども、
せっかくそういう活躍の仕方が出来るのにもったいないよ、なんて言う人も居たけれども
私自身は、自分の実力がそこまで認められたことは素直に嬉しいと思いつつも、
確かにそれよりはずっと楽だし、「夢だった仕事」とは言えないけれども
(だってこんなポジションの存在なんてよく知らなかった)
むしろ、フロントで活躍するような女性になりたいと思っていたときからしてみれば
ある意味、自分なりに納得のいく「妥協」をして選んだ道なわけだけれども、
それでも自分の理想的なライフスタイルを築けている事が一番大切だと思っているし、
だから今はとっても楽しい毎日。

直感って結局そういうもので、
理由なんてどうでもよくて、これだ、と思ったことを素直に受け入れて
それに向かって努力をする事は怠らず、
チャレンジしていけるフレキシビリティーがある人が
結局笑顔で過ごせるんじゃないかな、なんてこのごろ思う。

何が言いたいのか分からなくなってきちゃったけれども
今、私ってもしかしてすごくラッキーでハッピーなんだなって思った。
[PR]
by kummy1978 | 2006-04-20 23:02