Love my family n friends


by kummy1978
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

☆おめでとう☆

ここのところ、結婚式が多い。
昨日高校卒業以来に会った友人たちに
「最近って結婚式流行ってるよね」
と言ったら、
「流行ってるんじゃなくてそういうお年頃になったって事よ」
という返答が。
そうね、そうなのよね。
小学校の塾で一緒に鬼ごっこして授業中もずっとおしゃべりして一緒に怒られていた子が
あと少しでママになる。
大学のゼミで唯一だった女性の先輩もあと少しでママになる。
小学校時代に一番仲良しだった当時からとっても美人だった友達もきれいなお嫁さんになった。
身近なところだけでもまだまだいっぱい。

私は周りと比較したりする事が昔から嫌いで
だから自分なりに生きていけばいいや、と思っているけれども
そしてそんな私を諦めているのか分からないけれども
両親はあまり私にこの歳になるまで結婚だとかそんな話題を出してこなかった。
はっきりとそういう話題を出してきたのは今年の誕生日。
父親が結婚した歳だからかな。
母親はこの歳の時にはもう父親と一緒だったんだって思うと不思議だ。
きっと、本当はカワイイ孫が居ればなあ・・・なんて心の中では思っているんだろうなあ。
こんなにもマイペースに生きてしまってごめんね、なんて最近ちょっと思う。

最近の多忙さからか疲労がたまっていたときに、
考えてみたら転職してから一度も休みも遅刻もしていない事に気が付いて
あまりの疲れで発熱して頭痛がひどい土曜日の朝、
なんだか不安になっちゃって親にメールをしたら、
家族みんなから暖かいメールがきて、
家族の素晴らしさを改めて感じた。
近くに住んでいる友達の気配りもとても暖かかった。
ゴロゴロしてマッサージを受けて、暖かいココアを飲んだら楽になった。

友達の晴れの日にきちんと行けて本当に良かった。
とってもキレイなドレスを着て、今までみた彼女の中で一番輝いていて
そして本当に冗談ぬきに美しかった。
二次会の雰囲気もとってもステキで、あんなに一杯のお友達に囲まれて、みんなに祝福してもらって、本当に幸せそうで、笑顔がたえない夜だった。
おめでとうね!
末永くお幸せに!!
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-27 23:37

変化

何が変わってきているのか言葉ではうまく表現できないけれども
私の中で、何かが少しずつ変わってきているような気がしてならない。
それは予感としては、決して悪い方向に向かっているわけではなく
より自分の好きな生きやすい環境へと移り変わっているだけのような気もして。
そんな事を感じる日々だからこそ、
毎日をダラダラと過ごすのではなく、
だからといって必死に何かをこなすのではなく
心地よい程度に何かを日々得ながら生きていたい、なんて思う。

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

たとえば、毎週通っている同じインストラクターのピラティスやヨガのクラスで
先週まで出来なかったアサナが出来るようになった瞬間。
仕事でなんとなくしか分からなかった概念が、突然目の前が開けたようにつかめた瞬間。
同僚と、同じような事を考えたり感じていて、友達のように楽しいと感じた瞬間。
誕生日に久しぶりに友達とステキな時間を過ごしいつまでも変わらない大切なものに気づいた瞬間。
母の日に、家族みんなで何気ない会話をしながらみんなの暖かさを感じた瞬間。
9年ぶりに会った10歳の頃からの友達のおなかに命が宿っているのを見た瞬間。
両親の結婚記念日の準備を妹と話しながら、毎年だんだん二人とも大人になっているんだなあと感じた瞬間。
最近仲良くしている同業他社の友達がビジネストリップから帰ってきて連絡をくれたとき
ジェットラグに悩まされながらもどうしてもすぐ連絡したくて、と言ってくれた瞬間。
朝、マンションの管理人さんと大きな声で「おはようございます」と挨拶を交わす瞬間。

日々の何気ない一こまに、いろいろな感情がつまっていて
そんな事に気が付く事が出来て、
さらにその感情がプラスの感情であることのほうが圧倒的に多くて
そんな余裕のある自分自身に何より感動してしまう。

昔は、自分自身の中にこんな平和はなかった。
いつも何かに必死だったし、何かに悩んでいた。
何かがきっとここ数ヶ月で変わった。

今年も5ヶ月が過ぎようとしている。
もうすぐ半分。
新年の抱負のどのくらいを達成できているのか分からないけれども
自分の中では新しい事がいっぱいで
きっと何よりもこの心の平和を得たことが一番大きい。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-23 23:27

晴れ

友引の今日、何人かの友人が結婚式を挙げる。
昨日までの天気予報とはうってかわり、晴れ!
本当に良かったね。
みんなそれぞれ、ずっと前からこの日の為にいろいろな計画を立てていたことを知っているから
だから晴れてとっても嬉しい。
そして、おめでとう!末永くお幸せにね・・・☆

来週の土曜日は大安。
その日も何人かの友人が結婚式を挙げる。
晴れますように。
祈ってます。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-20 11:14

LOVE

LOVEがアフレテイル。
そんな事を感じた3日間。

うん、私は幸せだ。

Love
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-14 00:35

anniversaries

my birthday と 同僚の来日記念日が同じだったので
二人で岩盤浴(溶岩浴?)に行ってきた。
ここ最近で一番忙しくなってしまったので終わったのは遅かったものの
前からずっと予定していたので二人で頑張って仕事を片付け行ってきた。
元からサウナとか大好きなのだけれども、これはもうはまりそう。
お互い記念日。
ここで汗を流してすっかりリフレッシュしてステキな一年にしようねって事で。
e0028279_16504552.jpg昼間に頂いたケーキ分のエネルギーも汗ですっかり流れたかしら。

去年の一番大きな出来事といえば転職。
もちろん全てを納得して決めたわけではなかったし
今の仕事が天職かと聞かれれば全然そんな事はないと思うけれども、それでも仕事そのものは学ぶことが多くてgreat oportunityだと思うし、
転職して得た私の新しい生活や、転職活動を通じて得た新しい友達たち、
職場での新しい仲間、そして何よりも気が合うこの同僚との出会いなど
転職をしたことで得た事を含めたら、予想していたよりもずっとずっと楽しい生活になった。
全てを合わせて100%以上の満足を得られているのだから
きっときっと成功だったんだと思う。

去年が変化の歳だったとしたら
今年はそれを更によいものへと実らせる一年間にしたい。
改めてそう思う私の記念日。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-11 16:42

U made my day !

月曜日夜、週に数回電話をくれる友達から電話。
この人はいつも私が疲れていたり凹んでいるときにタイミングよく電話をくれる。
米国人だけれども、日本語もペラペラで私も使わないような言葉を知っていて、
音感が良いから、米語が苦手な私に合わせて分かりやすくクリアな発音で話してくれる。
声がとってもセクシーで、
本人はとっても大きくて、小さな私はすっぽり包まれてしまうようで
いつも冷静で穏やかな人だから、電話で話すだけでなんだか穏やかな気持ちになる。
タイミングって本当に大事。
疲れて月曜日なのにジムにも行けなかったくらいだけれども
彼と話をしているだけで、すっかり元気になった。
Thx for the call. You made my day!

今日のランチタイム、朝から忙しくて一日に何百通とくるメールの処理や
なかなか仕事をしてくれないLdnに久しぶりに腹を立ててみたり
普段の日常業務に拍車がかかったような午前中で
ランチの頃にはすっかりクタクタになっていたのだけれども
米国へ出張中の同業他社のオージーくんが携帯にメールをくれて
それがとっても嬉しい内容で、
おかげですっかり元気に上機嫌になって、
忙しい一日だったけれども、自分の事は棚に上げて文句の電話をかけてくる
ロンドンの私の敵?!から電話があっても、最後まで楽しく仕事を進められた。
この彼も出張中、恐ろしく忙しい3日間を過ごしていたらしく、36時間寝るまもなく働いていて
やっと滞在中のホテルで寝る時間が出来たとの事。
丁度時差の関係で、あっちの夜中がこっちのランチちょっと前。
そんな時に、短くても「どうしても○○○にメールしておきたくて」なんて書き出して
きっと本当に疲れているんだろうなあと分かるような文体でメールをくれると
なんだかその気持ちにとっても嬉しくなってしまう。
U also made my day brighter!!
Thx so much :)

今日は、私がこの歳で居られる最後の日で
明日からまた新しい一年を迎えようとしている。
この歳になると、誕生日でワクワクするという事はないけれども
一緒に祝ってくれる人が居ることを嬉しく思うし
そんな友達に感謝の気持ちでいっぱい。
もうね。その気持ちだけで本当に嬉しいよ。ありがとう。

この一年間は、私にとって大きな転機となる事がいくつかあった。
そして、一年前とはすっかり変わったこの生活は、一年前は全然予想しなかったもの。
特にやりたかった仕事であるわけではないけれども
前職でやったいくつかのプロジェクトとか(単純なインプット作業は除いてね)
大学時代の友人の仕事と比べたら
私が今やっている事は簡単で
それでも私が今の生活に満足しているんだからそれでいいんだと思う。
キャリアばかり考えていた去年と比べて、
生活全般を含めて私自身が一番ハッピーになれる方法を考えるようになったのも
いつも優秀な人と比べては落ち込んでいた私の中では大きな変化の1つ。

小さい頃に思っていたこの年齢は、もっともっと大人なイメージだったけれども
実際の私はこんなに子供で、全然成長なんてしていない気がして
だけれども、それでもきっと一日一日何かを得ながら生きているんだと思いたい。

穏やかな一日。
こんなゴクゴク当たり前な一日でこの歳を終えられることが嬉しい。
そして、何よりも本当に命がけで私を生んでくれた母、
「女の子」「子供」としてではなく、いつも厳しくも対等に自分の意見を尊重してくれた父、
留学を含めて、やりたい事は筋が通っていれば何でもチャレンジさせてくれた両親、
喧嘩ばかりしていたけれども、何だかんだ言いながら一番の良き理解者である妹、
いつも私を無条件に癒してくれる犬達、
そして、何かがあってもなくてもいつもそこに居てくれる大切な人たち。
そんなみんなに「ありがとう」
これからの一年間も、変わらずによろしくお願いいたします。

Good bye for myself and hello for my new year.
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-10 23:36

今週のネイル

e0028279_2315652.jpgいつも大抵はカラーチェンジでピンクやベージュ系にラメがけといって、フレンチではないけれども先のほうをラメにしてもらうことが多い。
今週はなんとなく気分を盛り上げたくなってアートをしてもらった。
キレイなオレンジピンク系のネイルの上に、大きな粒の入ったゴールドラメを全体にしてもらい、3本ほど黄色い3Dでリボン。思っていたよりも派手ではなくて、リボンはちょっと可愛すぎた気もするけれども、毎日している指輪とも合うしいいかと思う。

PCに向かって一日中過ごす仕事をしていると、
手元って意外に目に付くので自分の手のお手入れをしているととても気持ちが良い。
連休明けで、次の連休ってもう夏至を過ぎた頃なんだっけ?と思うとブルーだけれども
大好きな仕事仲間に会えることを考えたり
規則正しい生活を送れたり
適度に知的好奇心を満たしてくれる職場環境や
自分の今暮らしている環境を考えれば
仕事生活も楽しいのも実は事実だったりする。
労働時間から考えればワーカホリックではないけれども
きらいじゃないなあ、会社に居るのって。

こう思えるようになった自分に何より一番感動。
今週も頑張ろう。
連休ですっかりリフレッシュしたからね。がんばれそうです。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-07 23:15

bloody

日本で言えば「超」と同じような意味でbloodyをAussieは使う。
そして、そんな国の影響を大いに受けた16歳を過ごした私の英語には
当然のようにそんな言葉が出てくるのだけれども
相手がAussieの場合、私みたいなごくごく普通の日本人がいきなり使うと
ビックリして更に大爆笑されるのだけれども
米国人にはキョトンとされるか、聞こえなかったか、もしくは「この子大丈夫かしら?」
って顔をしてサラッと流されるかのどちらか。

もちろんビジネス中に使うわけではないけれども
同僚との会話中についつい使ってしまうと「えっ?」って顔をされる事もまだある。
あと、意外に米国人が使っていないのが reckon って表現。
私は普通に今でも I think...というよりは I reckon....って使うのだけれども
この前同僚のカナダ英語を話す子に「ところでreckonっていうのはこういう意味でいいの?」
って聞かれたから、ああこれもあまり使われないのかな、と気が付いた。
でも英国人の元彼は使っていたような。。。
それに、向かい側の列に座っている同僚もそういえば使っていた。
ああ、でもあの人は米国人ではなかったはず。

とまあ、同じ英語といってもいろいろあるわけで
本当に言語って難しいし面白いなあと思う。

ちなみに私は、どんなことが起ころうとも、絶対に米国人みたいなRの発音や
それだけじゃなくてもあんな発音で話すようにはなりたくないと実は思っている。
耳が良いので真似してあんな発音にしようと思えば出来るのだけれども
でもそれじゃあ私らしくない。
数字の8は「エイト」よりは「アイト」に近い発音で
takeは「テイク」というより「タイク」に近かったり、
Noは上手く表現できないけれどもオージー曰く「典型的なオージー」というような発音でも
Beerが「ビア」って感じになってしまっても
それが私らしい英語なわけで。

ここ数ヶ月で、なぜかオーストラリア人の友人が増えたのだけれども
彼らと話をするたびに、ホッとするのはきっと英語のせいもあるし
彼らの大らかさにもあるんだと思ったり。
ステキな国だよね、やっぱり。

フト、同業他社(しかも同じく米系に勤務するオージーと話をしていて考えてしまったのでした。
ちなみにこの彼も、初めは米国系の会社で米国人相手に苦労したそう。
同じ苦労を共有した仲、きっと通じ合うものがあるのでしょう。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-01 23:56

恋する乙女

仕事であまりに疲れていなければ、月曜日はジムの日。
ちなみにジムでピラティスとヨガをやってくる。
毎週インストラクターは同じ男性なんだけれども、
よくよく周りを見ていると、来る人はだいたい決まっている。
そして、自分の位置も大体決まっている。

今日はロンドンの休日の為、早く仕事が終わったので、
ゆっくり家に帰ってきて、晩御飯を食べて、それでもゆったりとジムへ。
いつもは駆け込みだったから気が付かなかったんだけれども
このインストラクター目当てなんだろうなあって女の子が何人か見受けられた。
もうねえ、始まる前とかピラティスとヨガの間だとか
とっても楽しそうにインストラクターにおしゃべりしているの。

ピラティスとヨガを教えているだけあって、
体は筋肉がついているけれども線は細くて、
今日初めて顔をよく見てみたらかわいらしい顔をしているし
今時の男の子って感じだった。ジャニーズの年齢をあげた感じ?
こういうタイプの子がやっぱり人気なんだ~と、彼女達とのやり取りを見て思った。

でも、恋しているのかは分からないし、たぶんお気に入りってレベルなんだろうけれども
そういう人と話をしている時の女性って本当に可愛い。
表情がとっても豊かで、輝いているのね。
ヨガやっている時ですらニコニコしているし、楽しそうで、絶対ヨガの効果も高くなりそう。
インストラクターは全く持って私のタイプではないけれども
私もヨガをやるとき、ニコニコして過ごせるようにしたいなって思った。
いつもポーズをとったり姿勢を確認するのに必死で
鏡を見ても自分の表情なんて気にしなかったけれども
フト鏡の中の自分と目が合うと、あまりにヨガに夢中で表情が無。
これじゃあ駄目。
これからのテーマはヨガの楽しさを表現しながらヨガをする事かな。
[PR]
by kummy1978 | 2006-05-01 23:15