Love my family n friends


by kummy1978
カレンダー

<   2006年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

生活圏

独り暮らしを初めて、ひどく生活圏が狭くなった。

私の住む街は、高級住宅街であり、大使館や外資系企業が集うインターナショナルな街だ。
だけれども、今も銭湯が残るような人間味あふれる商店街もあり
美味しいレストラン、こ洒落たカフェ、定食屋なども揃い、
大きな公園にテニスコートや野球場、図書館もあり、
そしてジムなどの施設も充実していて、
この街だけで生活が完結してしまうようなところだ。
散歩の達人でこの街を紹介していた記事を読んだけれども
そこにもやっぱり同じような事が書いてあった。

そのせいか、私の生活圏はとても狭くなり、そしてその分濃密だ。
電車に乗らないで全ての生活を済ませているくらいだ。
職場、家、スーパー、ネイルケアやマッサージ、岩盤浴などの自分ケアのための場所、
ジム、友達に会いに行くパブなどなど、
全てが小さな世界に集約されてしまった。
山手線二駅と、都バス二線、東京メトロの二駅分が私の使う公共機関。
これ全て、別に電車やバスを使わなくても移動可能な距離だと思うと
本当に小さなコミュニティーの中で生きている。

ランチタイムに職場からマンションへサイクリングをし、
ランチを部屋で食べ、そのあとサイクリングで街を少し走り回り
そして仕事に戻るというようなことをたまにやっていて
そうすると更に自分の行動圏の狭さを実感する。

この生活はなんとなくフワフワした感じがするけれども
それでも、こうやって生活の一つ一つを固めていくことで、
段々と慣れてきた気がする。
これで、パートナーが近くに住んでいれば何一つ不自由ない生活なのに。。。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-31 00:11

カフェラテ

e0028279_111188.jpg美味しいコーヒーをいれられる人はステキだと思う。
美味しいコーヒー豆、ミルクの泡立て方、泡が適量であること、温度、そしてミルクの上にのせてくれるココアパウダーがオシャレであること。
それだけで、一日が幸せなものになる。

そんな事を最近知った。私の小さな幸せ。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-29 12:00 | relationships

友達

この歳になると、無理に気を遣わなくてはならないような集まりには行かなくなる。
数は少なくても、大切な友達。
気を遣わなくても平気な仲間。
そんな人が少し居ればそれで生活は充分楽しい。
ここ最近、余計な気を使う場面に遭遇しなくなった。
遭遇しなくなったのか、自分から無意識のうちに避けているのか分からないけれども・・・

久しぶりに、本当に何ヶ月かぶりに
今年の春頃までとっても仲良くしていた友達などに会った。
お互いにパートナーが出来たり、生活パターンが変わった事や
遊びに行く仲間が共通でなくなったりしてきたことで
自然に会う機会が減っていたけれども、
それでもやっぱり気が合う人というのは久しぶりに会っても楽しい。

よく、男女での友情は成り立つのか、というトピックがあがるけれども
私は成り立つと思っている。
双方に恋心がなくて、友達として大切に想う気持ちがあれば、男女であっても友情だ。
そんな友達が居て、何でも話せる異性の友達が居る事を最近とても嬉しく思う。
同性だけでは似たような意見しか出ないけれども
異性からの視点というのはまた面白い。

そして、仲良しの同僚と私の友達同士を合わせてみたら気が合って、
こうやって友達の輪が広がっていくこともなんだか嬉しい。

そんな事を改めて思った。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-27 23:58

努力の人

「頑張らないと進めないから。現在に成功するのが一番大事」

言うのは簡単だけれども、それを着実に確実に実行していける人は少ない。
そんなアナタに出会えたこと、
そんなアナタが私のスペシャルであるということ、
そして、そんなアナタにとって私がスペシャルで居られるのならば
それ以上の幸せはない。

周りに流されやすくて、楽なほうへ楽なほうへと向かっていってしまう私が
自分なりのペースで頑張っていられるのも、アナタの存在があるからこそ。

ありがとう。
そしてこれからもよろしく。

アナタの専門分野は私にはさっぱり分からないけれども
どんな先に向かっていくのであっても応援しています。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-27 18:43 | relationships

やった!

『合格しました!やった!』
というメールがパートナーから入る。
ある資格試験に合格したとの事。
本当にこの人は努力家だ。
努力の塊で人間が作れるのなら、まさしくこの人のような人だと常々思う。
そんなパートナーを尊敬する。
考えてみれば、
私と出会った頃から常に何か目標をたててはクリアしている。
今回の試験は丁度私たちが出会った頃に受けていた試験のアドバンスレベル。
私は同じ期間で一体何を得たのだろうか・・・・

私もそろそろ何か本格的に取り組もうかな。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-25 23:36 | relationships

Dear my best friend K,

e0028279_23345686.jpg表参道のLotusにて私が尊敬する数少ない女性のひとりとデート。彼女にとってきっと人生の中の一区切りになるのであろうこの日を、その出来事の直後に一緒に過ごしたのが私であったという事に、思い返せば結局何も大した事を言えたわけではなく、それでも一緒に過ごせた事に、本当にありがとうの気持ちでいっぱい。


「一人という単位」になんて慣れる必要なんてなくて
だって私だって居るし、他にもいっぱいステキな仲間がいるんだよね?
SATCでもシャーロットが言っていたけれども
Soul Mateは異性である必要なんてなくて
それは女友達でも全然かまわなくないかな。私はそう思ってるよ。

温泉だって、クッキングだって、一緒に行って楽しいのは同姓同士。
お買い物だってカフェだって女同士のほうが好き勝手に楽しめるよ!ね。

強くてしなやかで繊細で美しい精神の持ち主で、でもガッツは人100倍。
そんなアナタが大好きよ。

なんて直接言えないからここに書いてみる。
ありがとう。そして、これからもよろしく。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-23 23:34

靴フェチなんです

大好きな靴のショップがあって
そこの木型は私の不恰好な足にもぴったりで
そこの靴に出会ってから、私は靴ヅレ知らずの快適生活を送っている。
そのブランドは各ショップの店長さんのセレクトによって置いてある靴が随分と異なり
東京のど真ん中に住む私だけれども
セレクトのセンスの良さというか、自分の好みに合うショップのある都下まで
わざわざ出向いて購入する。

で、店員さんとは何年ものお付き合いなわけで、私の好みもバッチリ分かっててくれて
たまに行く時に、展示会情報を写真で見せてくれて
気になる靴が入ると連絡をしてもらうようにしている。
で、忘れかけていたのだけれども、とってもステキと思った靴が入荷したらしく
しかも私のワガママを聴いて、二色もお取置きをして頂いているわけ。

そんな連絡があるだけでもうワクワクで
結局私はやっぱり靴フェチなんだと気が付いてしまう。

ちなみに私が好んで選ぶ靴は、そのブランドの中でも置いているショップは限られていたりと
同じブランドを好きな同僚たちも「見たことがない」というようなデザイン性の高い
ちょっとエキゾチックだったり普通ではないデザインものや素材のものが多い。

気持ちが落ち込んだときに、天井まである靴入れから
玄関に置ける分の靴を適当に出して並べて眺めていたら
なんだかワクワクしてきて出かけたくなった事がある、
なんていったら不気味に思う人も居るだろうけれども
私にとってデザイン性の高い美しい靴たちは、それだけの価値があるというもの。
そして、実家に居たときは同じブランドを好んでいた妹が居たので
玄関に行けば、単純に二倍の数もある美しい靴を眺めることが出来て
それはそれは幸せなひと時だったりして
一人暮らしをしてからはちょっと残念だったりする。

きっと、分からない人には意味不明なんだろうけれども
私にとって靴ってそれほど大切なもの。
パートナーに「私は靴が大好きなの」と言ったら「典型的な女」と言われたけれども
典型的じゃなくて、私の好みはそんな型にはめられてはたまらない、なんて思うあたり
本当に自分で自分をおかしいと思ってしまう。

そろそろブーツの着こなしを考える時期になりました。
でも今年は買わないつもり。
私はブーツよりもサンダルやパンプスが好きで
冬はカラータイツにデザイン性のある靴を合わせて楽しむのが好きだから。

とにかくカーキと紫のキープしてある美しい靴の実物に会う日を楽しみに
来週一週間、仕事を頑張ろうと思う。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-23 23:19

Italian cooking

バイリンガルのクッキングクラスがあったので参加してみた。
(私だけならバイリンガルである必要はないのだけれども
 一緒に参加したのが日本語があまり分からない仲良し同僚だったから)
バイリンガルとウェブサイトには書いてあったものの結局英語99%だった。

e0028279_22194751.jpgまずは前菜にブルスケッタ。
米ナスとガーリック、パセリ、ヨーグルト、バルサミコ酢を混ぜ合わせたものをオーブンで焼いたパンにのせ、バジルを飾りつけたもの。クッキングクラスとはいえイタリアン。量はなんとも適当です。ヨーグルトは大体コップ一杯だったり、バターは細めに一切れ切った分、だとかガーリックは好みで量を調整してどうぞ、だとか。でもなんでもいい加減な私には最適☆

e0028279_2220090.jpgフォルマッジョのリゾット。
もどした何種類かのキノコ類やきくらげ、そして適度に細かく切った生シイタケをたっぷりのオリーブオイルで炒める。ガーリックやハーブも一緒に。ライスをバターで炒め、ベジタブルスープの素を入れて作っておいたスープやキノコの戻し汁を少しずつ足しながら、ずっと同じ方向に混ぜ続ける。たまに固さを見て、好みの固さになったら炒めておいたシイタケ類を足して器に盛って出来上がり。

e0028279_22201382.jpgデザートはチョコレートムース。
チョコレートを湯せんでとかす。ブラックチョコでやれば大人な味に、ナッツ入りなどを使えばナッツの味にとチョコレート選びは楽しみに1つの模様。ちなみに私たちのグループはナッツ入りのを使った。生クリームをあわ立てておく。メレンゲを作っておく。チョコレートにバターを合わせ、バニラエッセンスを数滴、メレンゲや砂糖の入っていないクリームを適度に、卵の黄身を二個、砂糖20グラムを加えて滑らかになるまで混ぜる。器に盛ってクリームやミントの飾り付けをして冷蔵庫で冷やす。クッキーなどを飾って食べても良い。

一人暮らしの小さな台所でこんなに三つも作るのはなかなか大変。
だけれども、仲良しの友達や、同世代の女性達とお喋りしながらワイワイ作るとあっという間。
また今度参加してみようと思う。
ちなみにこの日の先生はこれで最後だとの事。いい加減さが心地よくて、細かいことを気にしないとってもステキな女性(ちなみに私よりも2歳も年下だった!)だったからちょっと残念。

クッキングクラスのあとは、一緒に参加した同僚とカロリー消費を言い訳にショッピング。といっても私は買う予定のものは何もないから付き添い。靴を見て、いっぱい二人でためしに履いてみてはこれはヒールが高すぎる・細すぎるだとかいろいろ言ってみて、結局同僚は二足購入。そのあと洋服を見て、二人ともなぜかクタクタでおなかも一杯だから帰ることに。
私は偏頭痛になってしまい、家に帰って20時だというのに一眠り。深い眠りだったのかすっきりと目が覚めると薬が効いたのか頭痛はほとんどなくなって、それでもたった一時間しか経っていない。部屋の掃除や片付けをして本を読んでテレビを見て、ゆったりと土曜の夜を過ごして早めに寝た。こんな休日の過ごし方っていいなと思う。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-22 22:17 | Recipe

実家

突然実家に帰ってみた。
フト思い立って。

何も知らない妹が家に帰ってきて
父親の部屋でPCに向かっている私を見つけてビックリしているのが一番楽しかった。

妹とは札幌に行って以来あまり話をしていなかったから
何だかんだと夜だけれどもいろいろ話をして、
犬ともいっぱい遊んで、でもチャッピーはおばあちゃんだから寝てしまったけれども
それでもとっても楽しかった。

また近いうちに帰ろうと思う。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-21 23:54

筋肉痛

スカッシュのせいか、筋肉痛の一日だった。
それともその前日にやったパワーヨガのせい?
でもそれはあり得ないはず。
パワーヨガならやりなれているからひどい筋肉痛になるわけがない。

情けないなあ。。。
筋肉痛はどうすれば早く治るのか分からないけれども
夜はテレビ眺めながらずっとストレッチ。
先週まで2週間くらいとても忙しい生活をしてサボっていたせいか
また体は元に戻ってかたい・・・
だけど、自分の限界までストレッチすると本当に気持ちよい。
不思議。
[PR]
by kummy1978 | 2006-07-20 01:22