人気ブログランキング |

Chappie 13年間ありがとう。

e0028279_23532310.jpg
チャッピー、13年間本当にありがとう。

犬なのにいつも笑顔で誰からもカワイイと言われる自慢の自慢の妹だった。
散歩にいっても、いつもいつも通りすがる全ての人からカワイイって言われたの。
カワイイと言われたら、笑顔で振り返って更にカワイイって言われてたよね。
いろんな所に一緒に行ったよね。
本当に、いつも家族と一緒にどこへでも出かけた。

e0028279_03146.jpg
本当に本当に13年間ありがとう。
ねえチャッピー、我が家に来て、きっと幸せだったよね?
私はチャッピーに会えて13年間も一緒に過ごせて本当に本当に幸せだったよ。
今までの私の人生の約半分の時を一緒に過ごしたんだよ。
今でもチャッピーが家に来た日の事鮮明に覚えてる。
1994年1月4日の夜遅くだったよね。
本当に小さくて、手の平に収るくらい小さくて、黒くてモジャモジャで瞳がとっても大きくて
でもどんなに小さな犬でも怖かった私は、
あんなに小さかったチャッピーですらタオルに包んでしか抱いてあげられなかったんだよね。
今でも1.3キロしかなくて赤ちゃんみたいにカワイイ顔していたから
ずっとずっとこれからも一緒にいるものだと思っていたよ。
もっともっといっぱいいっぱいしてあげられた事あったのに。。。ごめんね。。。
きっと最後はあまりに突然の出来事で、痛みですら感じる事もなく逝ってしまったんだ。
最期もキレイで穏やかな顔をしてたもんね。

チャッピー、チャッピーと過ごした13年間ステキな想い出がいっぱいだよ。

天国でもずっとずっとその笑顔でみんなにカワイイって言われてるのかな。
マミーちゃんには会えた?
これからも私たちの事ずっとずっと見守っていてね。
私たちもスカーレットもみんながんばるから。
本当に、13年間おつかれさま、そして、本当に本当にありがとう。
大好きだよ。

I always love You, Chappie.
e0028279_0272512.jpg




突然の事故で愛犬チャッピーがなくなりました。

チャッピーが我が家にやってきたとき、まだ私は中学生。
本当に本当に小さくて、手の平に乗ってしまうくらいだった。
ヨークシャテリアの中では本当に美形で、理想的な小ささ。

自分の要求が通るまではいくらでも吠え続けるちょっとワガママな所もあったけれども
それでも家族の一員として、ずっとずっと一緒に過ごした。
水がなくなりそう、
おなかがすいた、
布団をしいて欲しい、
ここに入りたい、
ソファーに乗りたい、
パンが食べたい、
二階に行きたい、
ベットに乗りたい、降ろして欲しい
もうね、それこそ人間そのもののように、きちんと自分の意志のある犬だった。
私たち家族にとっては、もはや犬ではなくて家族の一員。
1.3Kgしかなかった小さな小さなチャッピーだったけれども
その存在感は本当に大きなものだったみたいで
今、実家はなんだかとっても静かになってしまったんだって。
私たち家族には、もう一匹スカーレットがいるのだけれども
スーちゃんは我が家に来た時からずっとずっとチャッピーと一緒だったから
居なくなってしまったことが分かるのか、なんだかとっても寂しそうなんだって。

チャッピーが亡くなった日、箱の中に作ったベッドで眠るチャッピーに向かって
スカーレットが一人、今まで聞いた事のない声で
まるで話をしているような鳴き方で、チャッピーに向かって一生懸命何かを話していた。
スカーレットにご飯をあげたあと、
和室で眠るチャッピーの所まで行って、チャッピーに向かって尻尾を振って
「ご飯があるよ、食べないの?」とでも言うように吠える姿を見て
なんだか涙が出てしまった。
血は繋がっていなくても、チャッピーとスカーレットはやっぱり姉妹だったんだね。

e0028279_0473563.jpgチャッピーは理想的なヨーキーそのもの。
美しい色の毛はまっすぐストレートで、前髪をポンパドールにまとめて笑顔で写真に向かう姿は
本当に「小さな動く宝石」そのもの。美しかった。偶然にも、私は先週の木曜日に髪をストレートにして、毎日前髪をまとめている。チャッピーの幼い頃の写真を見た同僚が、髪型が同じなんだね。って言った。なんだか嬉しくて、暫く私はこの髪型を変えられなさそう。

チャッピー、小さかったけれども、本当に一生懸命楽しく生きたよね?
私はチャッピーに出会えて、一緒に過ごせて本当にうれしかったよ。
これからは、天国から私たちをずっとずっと見守っていてね。
本当に本当に、13年間ありがとう。
by kummy1978 | 2006-11-25 14:27